復興へ希望の光、福島で点灯 能登から1万

東京電力福島第一原発事故からの復興を目指し、福島県二本松市のあだたら高原スキー場に「希望の光」がともっている. 5年前の能登半島地震で被災した石川県輪島市から「今度は自分たちが被災地を励ましたい」とソーラーLED照明が1万2千個貸し出された. それぞれに二本松市の小中学生が記した「友だちと笑顔で頑張る」「あきらめない! 」などの復興へのメッセージが付けられている. 同スキー場は事故後、修学旅行の団体予約がすべてキャンセルになるなど、風評被害に苦しんだ. キャプション時間! D.Wade +レブ グラスホッパーがハンガリーのメーカーと提 スキー場を運営する富士急安達太良観光の馬場淳一社長(49)は「観光客は戻りつつある. 元気な福島をアピールしたい」という.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s