超円高ショック 中小企業、金融商品で大損

歴史的な円高が進むなかで、かつて銀行の勧めで中小企業が契約した為替関連の金融商品に大きな損失がでている. 損を取り戻そうと、全国銀行協会が運営する紛争解決機関に負担軽減のあっせんを申し立てる中小企業が急増. 2011年度は、申立件数が前年度の4倍以上に達した. 問題になっているのは「為替デリバティブ」と呼ばれる金融商品. 為替相場の変動による企業のリスクを減らすため、銀行と企業があらかじめ決めた価格で外貨を売り買いする契約をさす. 1ドル=110~120円の円安ドル高だった04~07年ごろ、さらに円安が進めば損が膨らむなどと言って、輸入業者に銀行が熱心に売り込んだ. ところが、08年秋のリーマン・ショックや昨年来の欧州危機で、1ドル=70円台後半まで円高が進行. 糖尿病患者のために血圧セーフの治療に短い 企業は、銀行との契約に従って実際の相場よりも高い価格でドルを買わなければならず、大きな損失を抱えた. COMEXは、すぐにiPhone 4、

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s