がれき再利用のセメントなら入札優遇 国交

第8日、サッカー女子 日本2―0ブラジル】 うれしさよりも、ホッとした. なでしこジャパンの勝利を決定づけた追加点. この五輪からFWに戻った大野忍選手(28)がストライカーの本領を発揮した. 大会の直前. 右MFからFWに替わるよう、指示があった. 監督からは「説明もなかった. 国土交通省は、建設業者が東日本大震災のがれきからできたセメントを使えば、公共工事の入札で優遇することにした. 震災のがれきの再利用を促すためだ. セメントは被災地の復興事業などで道路や橋の材料として使う. キャプション時間! D.Wade +レブ 来週にも詳細を決め、近く始める. がれきセメントは、岩手県と青森県にある業者の工場で、がれきの木くずなどを燃やして取り出したセメント成分からつくられている. 国交省は公共工事で優遇すれば、利用が増え、がれきの処理にも役立つと考えている. 国交省は自らが注文を出す工事のほとんどを優遇の対象にする. 公共工事の契約をする場合、建設業者が示した入札額(建設費)と業者の技術力を総合評価して業者を選んでいる. 工事でがれきセメントを使えば、技術力の評価点を上乗せする. 評価点の満点は130~200点で、がれきセメント利用では2点しか加わらないが、建設業者は「1点を争っていて、点数が上がるなら当然使う」(大手ゼネコン). 入札で使うと言いながら実際に使わなかったら、次の入札で不利になるペナルティーを科す. Wi-Fiと過熱の問題を報告するアプリユ

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s